自宅でも簡単に、たまに取り入れることできれいな爪を維持できるポイント

手先にある爪は、作業をするときに使う場所であり、痛みやすく傷もつきやすい場所といえます。
少しでもきれいにみせるために、たまに取り入れたい爪のケアなどはあるのでしょうか。

甘皮の処理

爪と指の境目にある、甘皮という部分ですが、汚れがたまったり不必要に伸びてくると爪の長さを圧迫するようになります。
甘皮の処理をするだけで爪の面積が大きく見えるようになり、長いきれいな指に近づけるようになるのです。
甘皮は毎日処理する必要がなく、ある程度伸びてきたら自分で処理するのが理想になります。
無理に引っ張ってもささくれができる原因となりキレイではありませんし、サロンで使うようなニッパーは取り扱いが難しく、甘皮が傷ついてしまうこともあります。

ウッドスティックでお風呂上りに

甘皮の処理はおもにウッドスティックと木の細い棒を使って行います。
ネイルサロンなどに行くと、ストーンをとったりする細い棒です。
木の先の部分にコットンを巻き付けて、甘皮をくるくる巻き付けるようなイメージで取っていきます。
この時行う時間は、お風呂上りにしておきます。
お湯でふやけていて、甘皮が弱く取れやすい時期ですので、甘皮が少しでも取れやすくなるのです。
無理にとると爪も甘皮も傷つくことになりますので、慎重に行います。

ネイルオイルの使用

仕事などで紙を触る人はわかるのですが、指先も乾燥することがあります。
同じく爪も水分をとられて、乾燥をするので、割れやすく傷みやすくなってしまうのです。
そのようなときは、爪用のネイルオイルを使うのがおすすめとなります。
使い方は簡単で爪の部分に一滴程度オイルをのせて指でなじませるように広げていきます。
メーカーによっては、マニキュアのボトルのように刷毛を爪に乗せるだけのタイプもありますので、自分に合う方を使うとよいです。

乾燥から爪を守って美しく

爪先にオイルを塗る理由として、乾燥から守り爪を丈夫にする効果が考えられます。
また周囲にあるささくれにも油分が入りますので、指先がキレイに見えるようになるのです。
またメーカーによっては、においがついているものもありますので、女性らしく美しい指先に近づくことができます。
ネイルオイルがない人は、ハンドクリームを使っても同様の効果が得られます。
専門性には欠けますが爪の周りに油分をいきわたらせることにより丈夫になって、きれいに見えることになるのです。

甘皮処理ととオイルの使用はとりいれたい爪のお手入れ

何かと傷つくことが多い爪ですが、甘皮処理を行って汚れの付着を防ぎ、オイルを使って乾燥から防ぐことで爪自体がキレイに見えるようになります。
毎日ではなく、たまに取り入れるだけでも効果を感じられますので、きれいな爪を維持したい人にとってはおすすめの方法です。